知らないと危険! エアコンと腰痛の関係 と対処法 島本町 腰痛専門


夏に急増中エアコンによる腰痛 島本町 腰痛専門

知らないと損する、エアコンと腰痛の関係

あの涼しくて気持ちいいエアコンが原因で腰痛になる!!

そんなこと考えたことも無かったという方も多いと思いますが、

現実に今年の夏は、コリトル鍼灸整体院にもエアコンの冷えによる腰痛の方が多く来院されております。




暑いし、熱中症予防で良かれと思ってつけているエアコンも冷やし過ぎには注意が必要です。

なぜ、エアコンが原因で腰痛になるのか?

 

詳しくは、動画をご覧ください

注意:ストレッチ動画実践される場合の注意事項。
※ 現在症状が急性期で痛みなどがきつい方は実践しないでください。
※ 医療機関からストレッチなどを禁止されている方も実践しないでください。
※ その他、本内容の実践は全て自己責任で行うようお願いいたします。この内容で起こった事故、怪我などは一切責任を負いかねます。自分には無理そうと感じた時はお止めください。

質問を募集しております。

カラダのことでの質問やお悩みを下記のメールに送信してください。皆様から頂いた質問やお悩みにYouTubeコリトルチャンネルやブログでお答えしていきますので宜しくお願い致します。
ご質問の際に「氏名(イニシャルでも可)」「性別」「年齢」「質問・お悩み内容」を送ってください。コリトル動画の感想も書いていただけたら嬉しいです(^^)宜しくお願いしますm(__)m
mail@coritoru-home.com

コリトル鍼灸整体院の目的!

コリトルチャンネルは、少しでもカラダのことに興味を持ってもらい、一人でも多くの方にカラダの知識を理解してもらうことで健康で幸せな日常生活を過ごせる方が増えることを目指しております。

私一人の力では微力ではありますが頑張って優良な情報を発信して行きますので、私の想いに共感していただけたら、家族やお友達・彼氏・彼女にシェアして健康の輪を広げてください。よろしくお願い致しますm(__)m

そして今からこの動画を見て、あなたもカラダの知識を高めて自分のカラダは自分で守れる人になってください。


あなたのお悩みを私に話してくれませんか?

肩こり・腰痛・姿勢のゆがみなどで慢性的にお悩みの方は、この道20年の私、田部真二が、そのお悩みの解決のお力になれると思います。

本気でお悩みの方は、大阪府三島郡島本町にあるコリトル鍼灸整体院にご連絡してください。

私は、長年にわたり慢性症状に本気で悩んできた、あなたのお力になりたいと本気で思っています。

それは何故か?(話すと長くなりますが 笑)

それは、私もあなたと同じように20年前この業界に入る前に原因もわからない状態で腰や背中や肩の痛みに悩んでいたからです

当時、私はスノーボードにハマり毎週のようにスキー場に行っていました。若かったので滑るのもみるみる上達していき上級コースでも好きなように滑れるようになっていました。

そうなると欲が出るのが人間で滑るだけでは物足りなくなりジャンプ台から飛んだり、トリック(技)的なことを我流ではじめました。ここからが私のボード人生の負のスパイラルにハマって行ったスタートだと今は思います。

最初は簡単な技をやっていたのですが、どんどん高度な技になっていくにつれて失敗した時の衝撃も大きくなり気が付けば腰・背中・肩はガチガチになり上半身を捻じることすらできなくなっていました。慢性的な腰痛や頭痛、そして息苦しく呼吸が浅い状態で心拍数も平常時で100を超えていました。

ここで初めて、このままだと取り返しのつかないことになると感じ病院に行きいろんな検査をして出された答えが湿布薬と痛み止め薬で経過観察でした。1週間後の通院、2週間後の通院、3週間後の通院に行っても答えは同じ。原因を聞いてもレントゲンや他の検査でも異常はないという同じ答えばかりが続きました。

「とても不安でした」「そして、孤独でした」 😥  😥  😥

どうして、この痛みや可動域制限(動きの制限)を誰もわかってくれないのか? わかろうとしてくれないのか?

そんな時に、友達が長年の慢性腰痛を治してもらったと聞いて私もわらにもすがる思いで同じところに行きました。

院長が一人でやっている整体院でした。

そこでは骨のズレからが原因と言われ週1回の通院で通ういました。上半身の捻じれ動作は完全ではないが最初から見ると半分ぐらい良くなった感じでした。

私はこの時思ったのです。本気で体のことを勉強しようと、そして自分のカラダの原因を突き止めてやろうと。

そして、そこからアルバイトをしてお金を貯めて整体の学校に入学し知識と技術を学びました。

このころからですね、筋肉(筋膜)が原因で様々なカラダの不調が出るということを感じたのは・・・そして、整体の学校を卒業して整骨鍼灸院に修行に入りました。

そこで人生初の鍼灸と出会い、私の師匠でもある院長に鍼治療をしてもらい、慢性的に固まりきって動かなかった捻じる動作も鍼治療を繰り返すたびに良くなり普通に動けるようになりました。

私は、この時に自分と同じように、原因も教えてもらえずに辛いカラダの症状で悩み「不安な日々を過ごし」「孤独を感じてる」方の力になるには鍼灸が必要と感じ修行しながら鍼灸の専門学校に通い鍼灸師になりました。

そして現在、私は整体の(筋・筋膜)と鍼灸の(経穴・経絡)の知識と技術と経験を使い、昔の私と同じような悩みを持たれた方々のケアをさせていただいております。そして、最初は不安でいっぱいだった方々から「先生、腰を気にせずにあるけようになったよ」とか「子供公園で一緒に遊べるようになった」など希望を取り戻し毎日を楽しんで未来に向かってる姿を見れて本当に嬉しく思います。 😀  😀  😀

長々と私のことを書きましたが、これが私があなたの抱えているカラダのお悩みを聞かせてほしい理由です。

そして、あなたのお力になりたい理由です。

 

あなたが一人で、昔の私のように「不安な日々を過ごし」「孤独を感じてる」のであれば、私にお電話してください。お待ちしております。


「 勇気を出して、一歩を踏み出される」あなたに特別なクーポンをご用意しました。

初回特別割引.

なんと、初回の施術料金と初検料の合計金額を50%OFFにさせていただきます。ただし、期限と人数制限がありますのでご注意ください。

是非、クーポンをご利用いただき、私と一緒にカラダの変化を体験しましょう。

初回特別割引についての詳しい内容は→こちら

「慢性」の腰痛・肩こりでお悩みの方は、今すぐお電話を 075-874-3799

コリトル鍼灸整体院は、下記のようなお悩みがある方が多く通われています。

  • 猫背・肩の高さ違い・反り腰など姿勢のことでお悩みの方
  • 慢性的な腰痛でお悩みの方
  • 肩こりが辛くて頭痛や目の奥に痛みを感じてる方
  • 眠りが浅く寝ても疲れがとれない方
  • スポーツでのパフォーマンスが落ちていると感じてる方
  • 寝違えで首がまわらない方
  • 捻挫や肉離れが1か月以上経過してもスッキリしない方
  • お尻から脛やふくらはぎに痺れや疼きがある方
  • その他、慢性症状でお悩みの方

などカラダのお悩みはコリトル鍼灸整体院にお気軽にご相談ください。

あなたのお悩みに私が真正面から向き合い全力でサポートいたします。

知らないと危険エアコンと腰痛の関係

鍼灸師 整体師 田部真二

コリトルチャンネルの目的!

当院ではコリトルチャンネルというYouTube動画を配信しております。その目的は、私が昔に感じたようなカラダの悩みを抱えてる方々に少しでもカラダのことに興味を持ってもらい、一人でも多くの方にカラダの知識を理解してもらうことにより、痛みのない健康で幸せな日常生活を過ごしていただけることを目指しております。コリトルチャンネルはこちらクリックしてください。

 

最後に一つお願いがあります。

私一人の力では微力ではありますが頑張って優良な情報を発信して行きますので、私の想いに共感していただけたら、家族やお友達・彼氏・彼女にシェアして健康の輪を広げてください。よろしくお願い致しますm(__)m

そして今からこの動画を見て、あなたもカラダの知識を高めて自分のカラダは自分で守れる人になってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

P.S.

慢性の肩こりや腰痛、そして姿勢のゆがみなどのご質問があれば何でも聞いてください。その他ブログ内容やコリトル鍼灸整体院に対してのご質問もお待ちしております。ブログのコメント欄かfacebookのメッセージに入力していただければ(facebookの場合は「いいね」をしてからメッセージをお願いいたします)確認し、また動画でお答えさせていただきます。施術に来た時に質問していただいても大丈夫ですので遠慮なく疑問を聞いてスッキリしてください。

※できるだけ多くの質問にお答えしていきますが、すべてのご質問にお答えできない場合がありますのでご了承のほどよろしくお願い致します。

 


The following two tabs change content below.
名前:田部真二。職業:鍼灸師・整体師・健康コンサルタント。鍼灸と整体を学び、長年の慢性的な腰痛や肩こり、姿勢のゆがみなどでお悩みの方々を専門にケアするコリトル鍼灸整体院を開始。さらに、本当の健康について学び続け、現在、症状を「根本からケアする根本療法」と「再発を防止するためのメンテナンス・ケア」により、本当の健康なカラダになりたいという方々をサポートしている。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA