1日1.5Lの水分補給 が大切!

水分補給



最近、患者さん達との会話の中で気になることが1つあります。

水分補給
私自身も以前までは同じでしたが、一日の生活の中で水分をほとんど飲まないという方が多いということです。



それは、日常生活で水分を飲まなくても喉も乾かないし大丈夫と思う方も多いと思いますが、カラダにとって水分はとても大切なものなのです。
私たちのカラダは成人で体重の約60~65パーセントが水分で構成されています。この水分の働きにより「栄養素や代謝物の運搬」、「体温の調節」などが行われ、生命の機能が保たれています。なので水分摂取の少ない方は、血液もドロドロになりやすく、カラダに様々な負担をかけてしまいます。よって健康を維持するのには毎日水分補給は必要不可欠なのです。

それでは、なぜ1.5Lも必要なのでしょう!

それは人間のカラダが1日に排出する水分の量を合計すると、約2.3リットルにもなります。
水分の主な排出量は、汗などとして意識なく皮膚や呼吸を通して水分が失われる量が約1リットル、尿や便として排出する水分が約1.3リットルとなり、合計2.3リットルが失われる。なので、1日の排出量とほぼ同じ量の約2.3リットルの水分を飲食物から補給する必要があります。

人は平均的な食事で約0.6リットルの水分を摂取し、カラダの中で食べ物を分解してエネルギーを得る際にさらに0.2リットルの水分を摂取できるみたいなので、残りの約 1.5リットルを飲料水から摂取する必要があることになるのです。

水分補給方法として

まず最初に冷水ではなく温水にしてください。熱すぎず冷たすぎない40度ぐらいのぬるま湯が最適です。そして、一気にたくさん飲むのではなく、1回コップ1杯程度(150~250ミリリットル)の量の水分を1日に6~8回飲み、1日の必要量(約1.5リットル)を補給する様にして下さい。
一度に大量の水分を飲んだり、その他一日の摂取量が多すぎるのもカラダには良くありません。また、夜の遅くの水分摂取はカラダを冷やし、鼻水やむくみの原因にもなるので気をつけましょう。
ペットボトルやポットなどに1日の摂取量を朝一に用意して、こまめに飲めば、水分不足に陥ることなく、また水分の取り過ぎで体に負担をかけることもなく、疲労回復や健康維持に役立てることができると思います。

それでは、今日から皆様もはじめてみてはいかがでしょうか!


The following two tabs change content below.
名前:田部真二。職業:鍼灸師・整体師・健康コンサルタント。鍼灸と整体を学び、長年の慢性的な腰痛や肩こり、姿勢のゆがみなどでお悩みの方々を専門にケアするコリトル鍼灸整体院を開始。さらに、本当の健康について学び続け、現在、症状を「根本からケアする根本療法」と「再発を防止するためのメンテナンス・ケア」により、本当の健康なカラダになりたいという方々をサポートしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA