Blog

癒し系のマッサージとメンテナンスケアの違い


癒し系のマッサージとメンテナンスケアの違い

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

最近はインフルエンザ以外にもノロウイルスも流行っているみたいなので気をつけましょう1

本日は、ケアの種類についてお話します。

当院に来院される慢性症の方が

よく言われることがあります。

それは、「マッサージに行ってたのになんで痛くなったんやろ?」と言われます。

その答えは、自分の状態に合ってないマッサージを洗濯しているからです。詳しくは動画でお話します。

癒し系のマッサージとメンテナンスケアの違い

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

自分に合ったケアについて知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


 

【肩こり 経営者】ストレス性の肩こりの解消法!


【肩こり 経営者】ストレス性の肩こりの解消法!

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

本日は、晴れていますがチラチラ雪が降っていますので寒さ対策をしっかりして良い休日をお過ごしください。

本日は、社長さん多いストレス性の肩こりに関する内容の続きをお話します。

昨日は、ストレス性の肩こりのセカンドステージについてお話しましたが

ご覧になられましたか?まだ、という方は先にご覧ください。
→ https://youtu.be/7wygFtm1U8U

本日は、ストレス性の肩こりの解消法として

自然の力を借りてストレスを解消する方法を自然の中からお伝えします。

【肩こり 経営者】ストレス性の肩こりの解消法!

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

ストレス性の肩こりの解消法について知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


 

【肩こり 鍼灸】肩こりの放置は危険!〇〇のしびれになる!


 

【肩こり 鍼灸】肩こりの放置は危険!〇〇のしびれになる!From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

本日は、私立高校受験ですね!受験生の皆さんが合格しますようにお祈りしております。

本日は、社長さん多いストレス性の肩こりに関する内容の続きをお話します。

ストレス性の肩こりは慢性なものというのは前回も話しましたが

慢性の肩こりというものは放置しすぎると

とても危険です。

慢性の肩こりを放置しすぎると起こる危険なことについてお話します。

【肩こり 鍼灸】肩こりの放置は危険!〇〇のしびれになる!

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

肩こりの放置の行く末について知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


2019-02-09 | Posted in Blog, 肩こりNo Comments » 

 

【肩こり 鍼灸】社長さんに多いストレス性の肩こりに効く治療法とは!


【肩こり 鍼灸】社長さんに多いストレス性の肩こりに効く治療法とは!

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

今夜から冬が戻ってきますのでぎっくり腰などにならないように気をつけましょう。!

本日は、社長さん多いストレス性の肩こりに関する内容についてお話します。

ストレス性の肩こりとは、どんなものかについては

昨日の動画でお話していますので、まだ見ていない方はご確認ください。

今回は社長さんなどに多いストレス性の肩こりに

効果を発揮している治療法についてお話します。

【肩こり 鍼灸】社長さんに多いストレス性の肩こりに効く治療法とは!

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

ストレス性肩こりの治療法について知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


 

【肩こり 鍼灸】ストレスの多い経営者の肩こりには鍼が効く!


【肩こり 鍼灸】ストレスの多い経営者の肩こりには鍼が効く!

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

本日は西日本は温かい3月の陽気ですが、明日は冬に戻るみたいなので、カラダを冷やさないようにご注意ください。!

本日は、肩こりに関する統計をとった結果についてお話します。

当院の肩こりの統計結果でわかったことは、

重度の慢性肩こりは多い職種は「経営者」の方でした。

でも、経営者さん、社長さんになぜ肩こりが多いのか?。

その理由は、動画でお話しますね。

【肩こり 鍼灸】ストレスの多い経営者の肩こりには鍼が効く!

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

肩こりにお悩みの経営者の方は、今すぐ動画をご覧ください。


 

【筋トレ 筋肉】筋肉は常に硬い方が良いは大きな間違い!


【筋トレ 筋肉】筋肉は常に硬い方が良いは大きな間違い!

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

午前中の雨の後は気温が下がるかもしれなので寒さ対策は万全に!

本日も、筋トレに関する内容をお話します。

筋トレといっても筋肉を鍛え方の話ではありません。

筋トレを習慣にされている方にも

ありがちな間違いがあります。

それは、筋肉の硬さです。

【筋トレ 筋肉】筋肉は常に硬い方が良いは大きな間違い!

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

筋トレの間違いを知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


 

【筋トレ 注意】ジムで筋トレを始める時に注意すること!


【筋トレ 注意】ジムで筋トレを始める時に注意すること!

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

 

 

日中の日差しは春みたいですが、夕方からは寒くなると思いますのでお気をつけくださいませ。

 

 

本日も、筋トレに関する内容をお話します。

 

 

筋トレといっても筋肉を鍛え方の話ではなく

 

 

筋トレに通い始めようかと思われている方に

 

 

お伝えしておきたいことがあります。

 

 

それは、筋トレを始める前に知っておいてほしい注意点のことです。

 

【筋トレ 注意】ジムで筋トレを始める時に注意すること!

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

筋トレを始める前の注意点を知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


 

【筋トレ 初心者】ジムで筋トレをはじめて3日目でぎっくり腰になるなんて!


【筋トレ 初心者】ジムで筋トレをはじめて3日目でぎっくり腰になるなんて!

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

 

 

今週は、気温の差が激しいみたいなので体調管理をしっかりしておきましょう!

 

 

本日は、筋トレに関する内容をお話します。

 

 

筋トレといっても筋肉の名前や作用ではなく

 

 

筋トレに通い始めたての初心者の方に多い症例をご紹介します。

 

 

これは、実話ですが、筋トレに通い始めて3日目にぎっくり腰になられた方おられます。。

 

 

その他にも、寝違えや頭痛など様々な症例に、なぜなるのかについてお話します。

 

【筋トレ 初心者】ジムで筋トレをはじめて3日目でぎっくり腰になるなんて!

 

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

筋トレでぎっくり腰になる理由を知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


 

【こむら返り 攣る】脚がすぐにつる人は、〇〇〇に要注意!


【こむら返り 攣る】脚がすぐにつる人は、〇〇〇に要注意!

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

今日は夕方から雨予報で明日からは15度ぐらいが続くみたいですが、その後の冷え込みが怖いですね!

本日は、ふくらはぎシリーズのまとめみたいな感じで

こむら返りによくなる人に注意してもらいことについてお話します。

こむら返りによくなる人は、ふくらはぎの筋肉が硬くなっています。

そんな人に発症しやすいケガとは、〇〇〇です。

〇〇〇を知りたい方は動画をご覧ください。

【こむら返り 攣る】脚がすぐにつる人は、〇〇〇に要注意!

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

〇〇〇の答えを知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


2019-02-03 | Posted in BlogNo Comments » 

 

【こむら返り】ふくらはぎがつった後は温めるの?、冷やすの?


【こむら返り】ふくらはぎがつった後は温めるの?、冷やすの?

From:田部真二
コリトル鍼灸整体院内より、、

今日は天気も良く、日中から気温も上がるみたいなので寒さも一休みですね!

本日も、皆様からいただいた質問にお答えしていきたいと思います。

ふくらはぎに関する質問から、

今回は、こむら返りの後の処置についての内容で

「こむら返りの後は温めたほうがいいのか?冷やした方がいいのか?」という質問に

私、田部がズバリとお答えします。

【こむら返り】ふくらはぎがつった後は温めるの?、冷やすの?

◉毎日の動画を見逃したくない方は、You Tuneの「こりとるチャンネル」にチャンネル登録されると便利です!

質問の答えを知りたい方は、今すぐ動画をご覧ください。


2019-02-02 | Posted in Blog, 慢性症状No Comments »