Blog

桜の木と同じ。 人間のカラダも〇〇の一部!


コリトル鍼灸整体院に春がやってきた

桜も満開!春は気持ちいい!

2日前に満開になった、コリトル鍼灸整体院前の桜。毎年のことながら自然の不思議を感じますね。




1か月前は、枝しかないさみしい感じだったのに、気温が20℃を超える日が続くと急にツボミが膨らみだして、見る見るうちにこんな感じに花やぎました。

コリトル鍼灸整体院にも春が来た

人間も自然の一部

桜が花を咲かせるように、人間も春になるにつれてカラダに変化が起きています。

これから気温が上昇していくことでカラダは、冬のカラダから、夏のカラダに切り替わっていきます。

冬のカラダと夏のカラダ?

違いはいろいろとありますが、今回は体温の変化を例に説明すると、冬のカラダは気温が低い冬でも体温を維持するために汗を出にくくし、体温がカラダの外に逃げないようにしています。逆に夏のカラダは、体内に熱がこもらないように汗が出やすい状態で、汗を出すことにより熱を放出しています。

このように、犬や猫のように毛が生え変わったりと見た目ではわかりませんが、人間のカラダも変化をしています。

この時期に気をつけてほしいことは!

気温の上昇をカラダが感じることで、徐々にカラダは変化していきます。なので、この時期に気をつけてほしいことは、少し暑いからといってすぐにエアコンで冷やしたりしないでください。カラダは気温の変化などにゆっくり慣れていき、夏に向けてカラダを切り替えていくので自然の変化をカラダに感じさせてください。

もう一つ、4月、5月はこのようにカラダが変化する時期なので、カラダがだるくなったりしますが、それもカラダが頑張って切り替わろうとしている証拠なので、だるくてもあまり気にせず、規則正しい生活をして体力を蓄え頑張っているカラダをサポートしてあげてくださいね。
それでは、桜の木と共に夏のカラダに切り替えていきましょう。

ついでに、入り口前のチューリップも満開になりました。

コリトル鍼灸整体院にも春が来た1


2016-04-06 | Posted in Blog, 季節の変わり目症状No Comments » 

 

肩こり には、〇〇〇体操が効果的!


肩こり・首コリには、〇〇〇体操が効果的!

肩こり・首コリは、その場所を揉むより〇〇〇を動かす運動が大事!

肩こり・首コリの方は、凝ってると感じる部分が気になり、勝手に手がいき揉んだり叩いたりすると思います。カラダは凝ってる部分を感知すると自然とほぐそうとするのでその部位をほぐすことは悪いことではありません。が、それだけでは対症療法で予防にはつながらないのです。

では、肩こり部分をほぐす以外に何をすればいいのか?




肩こり、首コリには、肩甲骨の内側の筋肉が大きく関係しているのです。

ズバリ肩甲骨を動かす体操をすれば、肩こり・首コリはかなり軽減します。肩甲骨の内側の筋肉を動かせる体操であればどんなものでもかまいません。ちなみに僕は、ヨガポールを使って肩甲骨体操を毎日してます。

体操をするコツとしては、

・短時間でできる体操法を選ぶこと。
・毎日すること。
・肩甲骨の間の筋肉の動きを感じること。

最低でも、この3つをお守りいただければ効果は出てくると思います。

ヨガポールでのストレッチ方法は、コチラをご参考にしてみてください。→ヨガポールストレッチ

 

まとめ

肩こり・首コリには肩甲間部の筋肉が重要で、ストレッチは毎日できるぐらいのものを継続して続けることが大切です。凝りが無くなってからも頑張ってストレッチを継続すれば予防にもつながります。

是非、今日から始めてくださいね!


2016-04-04 | Posted in Blog, 肩こりNo Comments » 

 

慢性頭痛 には鍼治療が効果的!


慢性頭痛には鍼治療が効果的

女性に多い慢性頭痛、頭痛薬だけでは治らない!

当院にも、慢性頭痛の患者さんがたくさん来られてますが、その頭痛の度合いは人によって様々です。




1年ぐらいの方から、長い人では50年ぐらい頭痛に悩まされているという方もおられました。慢性頭痛は、普通の人でも少し疲れて肩が凝ったりした時になる首から後頭部・こめかみにかけて痛くなるなるような頭痛が、ほぼ毎日ある状態です。想像するだけでもかなり辛いと思います。

 

そんな方から良く聞くのが頭痛薬が効かなくなった。

ほとんどの慢性頭痛の患者さんは毎日頭痛薬を服用されておりますが、最初は良く効いたが最近は服用しても効かなくなってきたという意見が多く、頭痛専門外来のある病院に通われている方おられましたが、結果は同じで薬も効かず『頭痛になる体質なので諦めて我慢してました』と言われて来院される方が多いのが慢性頭痛症状の実情です。

 

はっきりと言っておきます。慢性頭痛は鍼治療でほとんどの方が良くなります。ただし、1回や2回で簡単に治る症状ではありません。

当院に慢性頭痛症状で通院されているほとんどの方は、毎日のように頭痛に悩まされていたのが、現在では疲れた時などに出るぐらいになり、調子の良い時は月に1回ペースの鍼治療でケアするだけで頭痛を忘れて生活をされておられます。ただ、見出しにも書きましたが、長年慢性頭痛状態だった方は原因も深く簡単には鍼でも結果が出ませんが、週に1回のペースで根気よく通われていくと気付いたら頭痛のない日が増え快適な生活を送れることになるでしょう。人にもよりますが症状の軽い方でしたら、3~4回で頭痛のなくなる方もおられますので、慢性頭痛でお悩みの方は鍼治療を受けられることおすすめ致します。諦めずにSTOP慢性頭痛を目指しましょう!

まとめ

頭痛薬(痛み止め)は、痛みを麻痺させてくれるが、根本の治療にはなりません。鍼は根本を治療していくので慢性頭痛の症状を軽減に導き希望の光が見えることでしょう。


2016-03-26 | Posted in Blog, 頭痛No Comments » 

 

〇〇の後は 急性腰痛に注意!


腰痛に注意

意外と気付かない急性腰痛になりやすい行動とは?

さて、見出しに書きました「〇〇」とは何かわかりますか?




これは、今まで数えきれないほどの腰痛患者さんを施術して気付いた事ですが、例えば 「草むしり」 や 「長時間の前かがみ」などの限定した動きではなく、急性腰痛の発症原因に多いのは、

普段あまりしないことをすることです。

特にその当日にはあまり発症せずに、次の日やその次の日腰痛が発症することが多いのです。

では、何故そんなことが起こるのか?

それは、日頃から前かがみ作業が多い人で説明すると、いつも前かがみに使う腰の筋肉群を使っているので慢性的に筋疲労が溜まって慢性腰痛にはなりますが、突然腰が痛くて動けない状態になるようなことは少ないのです。その逆で日頃はデスクワークなどで座っていることが多い人が休みの日に草むしりを半日したりすると、いつも使っていない筋肉が急に使われて腰に筋疲労が溜まるだけでなく、筋力も弱くなっている腰の筋肉の限界を超えるぐらい使用することにより筋肉が硬まってしまい痛みを発症します。わかりやすく言うと筋トレをした状態と同じようなもので、翌日に筋肉痛のような状態になります。筋肉痛状態は筋肉がかなり縮んで硬縮状態なので、伸ばすことができなくなり腰を伸ばそうとした時に痛みを感じたり、伸びない筋肉を無理やり伸ばそうとして腰を痛めてぎっくり腰になったりするのです。

では、いつもと違うことをした時はどうすればいいのか?

答えは簡単です。その日に良く使ったと思われる筋肉をその日のうちにしっかりとストレッチをして緩めてあげたり、お風呂にゆっくり入り筋疲労を取り除いてあげることです。そのうえで次の日の朝は、布団から出る前にゆっくりとストレッチをしてから動き出すと急性腰痛になるリスクをかなり減らせると思います。

日常生活で気付かないうちに筋肉が硬くなっていることがあるので、日頃からストレッチはするようにしてくださいね!


 

島本町 立第1中学・2中学吹奏楽部定期演奏会


第13回  島本一中・二中定期演奏会のお知らせをいただきました。

島本町立第1中学・第二中学定期演奏会

来週の月曜日の午後から、地元島本町の中学生吹奏楽部が演奏するみたいなので、お時間のある方は、是非聴きに行ってあげてください。

詳細は、

日時 : 3月21日(月)

場所 : 島本第二小学校体育館

時間 : 開場 13:00   開演 13:30

※車でのお越しはご遠慮ください。

定期演奏会島本1中2中吹奏楽部

 


2016-03-17 | Posted in Blog, お知らせNo Comments » 

 

意外と知らないストレッチ のコツ!


10秒ルールを守るだけで効果が上がる!

ストレッチのコツ

スポーツの後にストレッチをしていますか?コリトル鍼灸整体院に来れた方の約6割の人は、『ストレッチをしていない』という答えでした。



スポーツしている人でも4割程度という結果に驚きました。しかも、その人達でさえ、ストレッチの効果を感じてるという方は2割程度と少なく、せっかくストレッチをする習慣があっても効果が出てないともったいないし、ストレッチをやめてしまう原因になってしまいます。

そこで今回は、効果が出るストレッチのコツをお伝えいたします。コツと言っても、えっ それだけ!というぐらい簡単なことをいつものストレッチに付け加えるだけでOKです。

ストレッチのコツとは?

まず、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチで説明いたします。ストレッチの方法は、皆様もわかると思いますが膝を曲げて足首を手で持って踵(かかと)をお尻に付けるようにすれば、太ももの前が伸びてくるとおもいます。

まず、ストレッチで大事なのは自分が伸ばしたい筋肉に、伸びている感を感じられているか!ということです。

 

意外と感じられていない人が多いのに私も驚きました。ストレッチのやり方は学生の時から体育やクラブ活動などで知ってる人が多いのに形だけで効果につながってないのが現状です。しっかり筋肉が伸びているかを感じながらストレッチをするように心掛けましょう。

今回お伝えしたいコツとは、10秒ルールを守ることです。(私が勝手に名前を付けた(笑))

 

10秒ルール?とは、ストレッチで伸ばしたい筋肉を伸びた状態で10秒間キープしてください。そこまでは普通のスレッチですよね!そして、10秒経ったら、今度はリラックスな姿勢に戻して10秒間、力を抜いて休めてください。その10秒伸ばして10秒休むを3~5セットするだけで筋肉は緩んでいきます。

では何故10秒間休めるのか?

まず、筋肉を伸ばしてる時は血液や体液などが絞られる状態になります。そして、休めた時には逆に新しい血液が流れ込み、酸素や栄養分が運ばれ、筋細胞の隅々まで浸透していくことで筋肉が緩むのです。よって伸ばすだけではなく休める10秒間が必要ということになります。

まとめ

ストレッチの効果を上げるためには、

① 自分が伸ばしたい筋肉がしっかり伸びているかを確かめること

② 筋肉が伸びたことを確認したら、10秒間キープして、その後に10秒間リラックスした姿勢で休むこと

以上の2点を守って、簡単なストレッチから始めてみてくださいね。ちなみにストレッチはお風呂上りなどのカラダが温まった時に10分でもいいので毎日する方が、気が向いた時に1時間ぐらいするより効果があるので、短時間で効果のあるストレッチをしていきましょうね!


2016-03-14 | Posted in Blog, ストレッチNo Comments » 

 

春から一転して冬の寒さに注意!


コリトル鍼灸整体院前のサクランボの木の花が満開に!

コリトル鍼灸整体院のサクランボの木

今朝、院前を掃除してると昨日までつぼみだったサクランボの花が満開になっていました。日曜日からの20℃前後の春のような日が続いたおかげですね!


暖かい日が続くと筋肉も緩みやすくカラダも動きやすい気候なんですが、

この時期は『寒の戻り』 に要注意が必要です!

天気予報によると明日から、最高気温が13℃になり、明後日には10℃まで下がるとのこと。最高気温だけで見ても10℃下がるとなれば、もう皆様もお分かりと思いますが、ぎっくり腰と寝違えに要注意です。

最近は天気予報で花粉予想をしてくれるようになりましたが、ぎっくり腰や寝違え注意報も出してほしいです(笑)

明後日は、公立高校の入試があるので受験生の方は、風邪にも要注意です。今夜は暖かいですが明日の朝は冷えてるかもしれないので暖かい寝間着でお休みくださいね!
寒気を感じたりしたら、すぐにドライヤーで首の下を温めてくださいね。詳しくはこちら

それでは、明日からの寒さ対策をしっかりして寒の戻りを乗り切りましょう。


2016-03-08 | Posted in Blog, 季節の変わり目症状No Comments » 

 

コリトル鍼灸整体院 の植物達も日光浴!


コリトル鍼灸整体院の大切な仲間の観葉植物ちゃん達。

コリトル鍼灸整体院の観葉植物
コリトル鍼灸整体院の開院のお祝いに頂いた観葉植物ちゃん達は3回目の冬を無事に越してくれました。


いつも院内の空気をきれいにしてくれて、緑の葉で心を癒してくれる観葉植物に感謝の気持ちを込めて、本日は日光浴とハイポネックス(栄養剤)入りの水風呂に入っていただきました。
コリトル鍼灸整体院前で日光浴

去年までは、ホース引っ張ってきてシャワーで水をあげていたのですが、患者様からバケツの水に浸けてあげる方が根っこから水を吸い上げて元気になるよと聞いたので、早速実行してみました。

何ていうことでしょう!めちゃくちゃ元気になり葉がテカテカニ光っててます。(^O^)/
コリトル鍼灸整体院モンステラコリトル鍼灸整体院ゴムの木

これからどんどん春に向かって暖かくなるので、次回は土の入れ替えをしてあげたいと思います。

観葉植物ちゃん、これからもコリトル鍼灸整体院の院内の空気をきれいにして患者様と僕を癒してくださいね。


2016-03-04 | Posted in Blog, お知らせNo Comments » 

 

1日1.5Lの水分補給 が大切!



最近、患者さん達との会話の中で気になることが1つあります。

水分補給
私自身も以前までは同じでしたが、一日の生活の中で水分をほとんど飲まないという方が多いということです。



それは、日常生活で水分を飲まなくても喉も乾かないし大丈夫と思う方も多いと思いますが、カラダにとって水分はとても大切なものなのです。
私たちのカラダは成人で体重の約60~65パーセントが水分で構成されています。この水分の働きにより「栄養素や代謝物の運搬」、「体温の調節」などが行われ、生命の機能が保たれています。なので水分摂取の少ない方は、血液もドロドロになりやすく、カラダに様々な負担をかけてしまいます。よって健康を維持するのには毎日水分補給は必要不可欠なのです。

それでは、なぜ1.5Lも必要なのでしょう!

それは人間のカラダが1日に排出する水分の量を合計すると、約2.3リットルにもなります。
水分の主な排出量は、汗などとして意識なく皮膚や呼吸を通して水分が失われる量が約1リットル、尿や便として排出する水分が約1.3リットルとなり、合計2.3リットルが失われる。なので、1日の排出量とほぼ同じ量の約2.3リットルの水分を飲食物から補給する必要があります。

人は平均的な食事で約0.6リットルの水分を摂取し、カラダの中で食べ物を分解してエネルギーを得る際にさらに0.2リットルの水分を摂取できるみたいなので、残りの約 1.5リットルを飲料水から摂取する必要があることになるのです。

水分補給方法として

まず最初に冷水ではなく温水にしてください。熱すぎず冷たすぎない40度ぐらいのぬるま湯が最適です。そして、一気にたくさん飲むのではなく、1回コップ1杯程度(150~250ミリリットル)の量の水分を1日に6~8回飲み、1日の必要量(約1.5リットル)を補給する様にして下さい。
一度に大量の水分を飲んだり、その他一日の摂取量が多すぎるのもカラダには良くありません。また、夜の遅くの水分摂取はカラダを冷やし、鼻水やむくみの原因にもなるので気をつけましょう。
ペットボトルやポットなどに1日の摂取量を朝一に用意して、こまめに飲めば、水分不足に陥ることなく、また水分の取り過ぎで体に負担をかけることもなく、疲労回復や健康維持に役立てることができると思います。

それでは、今日から皆様もはじめてみてはいかがでしょうか!


2016-03-02 | Posted in Blog, 飲み物No Comments » 

 

免疫力を高める 発酵食品の王様 納豆。


免疫力を高めるには、 腸内環境を整えることがポイント!

免疫力を高める 発酵食品の納豆

腸内環境を整えるにはどうすれは良いのか?
そこで登場するのが発酵食品の納豆です。




納豆は、大豆に納豆菌パワーがプラスされることにより、腸内環境を整えてくれる
効果が生み出されます。その効果に役立つのが

納豆菌・大豆オリゴ糖・食物繊維の3つです。

1.納豆菌のココがスゴイ!

まず、納豆菌は腸の中で酵素というものを作り出し、腸内細菌の毒となる活性酸素を
分解したり、栄養分を産生したりすると考えられており、その働きによって腸内環境を
整えてくれている。
ただ、これは納豆菌が腸まで届いたらの話で、最近よく耳にする胃酸などにより必要な
菌も死んでしまい腸まで届かないという問題があります。
最近では、人工的に作ったもので、腸まで届くビフィズス菌などと宣伝広告も見ますが
なんと納豆菌には、腸まで届くことができる秘密があります。

なぜ、納豆菌は胃酸で死なないの?

それは、納豆菌には活発な菌と休眠中の菌があり、活発な菌は胃酸で死んでしまうが
休眠状態の菌は、簡単に言うと菌の種みたいなもので「芽胞」と呼ばれます。
芽胞は酸に強く、多くの芽胞は腸まで届き小腸で発芽して腸内で働いてくれるのです。

その他のオリゴ糖や食物繊維などの難消化性の糖質は善玉菌の餌となり菌の活性や
増殖に役立ち腸内環境を整えてくれています。

2.納豆の成分と効果

ポリアシン : アンチエイジング効果

ビタミンK  : 骨粗しょう症の予防

大豆イソフラボン : 女性ホルモン様作用

納豆キナーゼ : 血液サラサラ作用 

3.納豆を食べるときのコツ

  •  1日1パックを食べるようにする。
    整腸作用や血液サラサラ作用は1パックで見込める。
  •  加熱しても大丈夫。
    加熱しても芽胞は生き残り腸まで届きます。
  •  毎日食べる。
    体内のポリアミンやイソフラボン濃度は毎日食べ続けることで維持できる。
  •  賞味期限ギリギリが食べごろ。
    発酵が進むほどナットウキナーゼやポリアミンが増える。

是非、今夜から納豆を食べて腸内環境を整えて免疫を高めて元気に過ごしましょう。


2016-02-17 | Posted in Blog, 食べ物No Comments »